経営革新コンサルティング

私達が考える「経営革新」は、企業が抱えるあらゆる課題や問題を解決すべきものであり、その対応内容は、新たな取組としての経営革新は勿論、組織再編、事業承継、事業再生など企業の革新に必要な様々な手法なのです。
「今なぜ経営革新なのか」
現在の廃業率からすれば、10年で50%の企業が消滅していく可能性があります。

「経営革新とは」
現状の状態を向上させるべく行う、新たな取組を意味します。

「新たな取組とは」
・新商品の開発や生産
・新役務の開発や提供
・新たな販売方式の採用
・新たな提供方式の採用
・新たな分野への進出
などの取組並びにその取組から派生する組織編制・改善業務のすべてを含んでいます。

「中小企業経営革新支援法の活用」
経営革新に取組む上で一定の条件を満たすことができる企業には、国の施策である以下のような支援を受けることができます。
・中小企業経営革新事業費補助金
・中小企業経営革新等支援貸付
・新規成長分野雇用創出特別奨励金
・雇用対策臨時特例法に基づく支援
・税制面における支援
・信用保証特例

「GTMの支援内容」
経営革新は、国の施策によりスムーズな展開ができますが、施策認定のレベルでは本来の目的である「企業の成長をより確かなものとする」ためには実行支援が不足しています。
そこで、当事務所では、上図に示すように「広義の経営革新」に標準を設定し抜本的な革新支援を行います。
そして、その要はKFSツールの活用による継続的なモニタリングです。

「KFSツールの活用とは」
・継続MASシステム(K)活用
経営計画ツールであるこのシステムにより、ビジネスプランの立案を支援いたします。
・FX2自計化システム(F)活用
業績管理ツールにより経営実績管理のメカニズムの構築を支援いたします。
・書面添付(S)活用
税理士法第33条の2による書面添付により適正申告の履行を支援いたします。

経営革新認定の流れ
無料経営相談会
GTMレポート
職員ブログ
TKC関連情報
  • 病院・診療所の皆様
  • 社会福祉法人の皆様
  • 補助金・助成金・融資情報
  • TKC戦略経営者ローン
  • お役立ちコーナー
  • 社長メニュー
  • TKCシステムQ&A
  • TKCプログラム・ダウンロード
TKC全国会
税理士法人九州合同税務会計 権藤説子事務所はTKC全国会会員です。
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
ページトップに戻る